時代物や歴史小説でお馴染みの歴史上の人物や著名人の「ゆかりの地」を訪ねる旅。そのガイドブック的サイトとして・・・。


◆「ゆかりの地」・・・「歴史上の人物」」「映画スター」など著名人ゆかりの地の「所在・交通アクセス」を。※「都道府県で選ぶ」ことも出来ます。
◆「ゆかりの食」・・・歴史上の人物や著名人が好んだとされる食べ物を。
◆コラム・・・「思いの外」「旅・美味いモン」「本・心に残る言葉」他

2005年04月11日

大坂城落城物語

真田十勇士の一人、
霧隠才蔵を主人公とする時代小説「風神の門」(司馬遼太郎)を久しぶりに読み返した。やはり面白い。司馬作品はみな大体面白いが、その中でも上のほうではないか?と私は思っている。その「風神の門」の中に、徳川家康が実は城攻めが苦手な武将であったと紹介されている。かたや、豊臣秀吉は城攻めの名人であった。美濃攻略の際の稲葉城孤立攻め。鳥取城兵糧攻め。備中高松城の水攻め。美濃竹鼻城水攻め。紀伊太田城水攻め。
小田原城の大軍包囲など。
その城攻めが苦手な家康が、城攻めが得意であった秀吉が守る側にに立って金に糸目をつけずに完成させた大坂城をどう攻略するのか?後世の人間である我々は史実を知っている。大坂冬の陣の講和条件として堀を埋めたということを。「週刊日本の伝説を旅する9号」にある大坂城落城物語(土橋治重)を読むと家康が堀を埋めるというアイデアを得たのが豊臣秀吉、当の本人の独り言からであったとする伝説が紹介されている。土橋治重氏の書くこのくだりは非常に面白い。
本当に、その独り言から、当時の『オランダ東印度会社遺日使節記』(『モンタヌスの日本記』)に美しさ威容ともに比類がないと記述された大坂城が陥落してしまったとするならば、本当に皮肉なことである。


Click Here!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたが好きな歴史上の人物は。
そのゆかりの地を巡るのもいいものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by habo at 14:38| ▼コラム(思いの外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。