時代物や歴史小説でお馴染みの歴史上の人物や著名人の「ゆかりの地」を訪ねる旅。そのガイドブック的サイトとして・・・。


◆「ゆかりの地」・・・「歴史上の人物」」「映画スター」など著名人ゆかりの地の「所在・交通アクセス」を。※「都道府県で選ぶ」ことも出来ます。
◆「ゆかりの食」・・・歴史上の人物や著名人が好んだとされる食べ物を。
◆コラム・・・「思いの外」「旅・美味いモン」「本・心に残る言葉」他

2005年06月02日

カフェ・パウリスタ

ここ最近では、このサイトの記事は歴史上の人物のウェイトが大きくなっているが、以前に、日本国内におけるジョン・レノンゆかりの地の一覧をまとめたことがある。(一部にとどまるが・・・)
その中の一つが銀座の「カフェ・パウリスタ」。オノ・ヨーコとのお忍び来日の際に利用していた珈琲店である。先日、朝刊を読んでいると相当大きなスペースで、「カフェ・パウリスタ」の広告があり、それが目に飛び込んできた。それでちょっと調べてみる気になった。
これまで、ジョン・レノンのゆかりの地という意識でしか見ていなかったのだが、調べていくと、この「カフェ・パウリスタ」が日本のコーヒー文化に残した功績は大変に大きなものであったと知らされる。
話は少し飛ぶが、フランス「パリ」が花の都と呼ばれていた頃、そこでは、若きアーティストたちがカフェに集い、その交流の中でお互いを刺激し合い、感性を高め合い、今では大変評価の高い芸術作品を次々と生み出していった。日本の若い芸術家の卵たちは皆、パリに憧れ、また渡仏した者も少なくない。そうしたパリのカフェ文化に相応するものが日本に根付くのは大正二年、「カフェ・パウリスタ」が銀座にオープンするのを待たねばならなかったらしい。それまでは、コーヒー店はあったものの、まだまだ値段が高く、一般には敷居の高いものであったようだ。その様子は白樺派に関すること中心にまとめておられる白樺の小径
というサイトに詳しく触れられている。このカフェ・パウリスタには、当時の白樺派の作家たちも通ったのかもしれない。(白樺派→雑誌「白樺」で作品を発表していた作家たち。主な作家として武者小路実篤志賀直哉有島武郎倉田百三らがいる。)

(参考)
カフェ・パウリスタのホームページ
白樺の小径
■MMC珈琲のサイト「横浜珈琲物語」

(当サイト内参考記事)。
ジョン・レノンゆかりの地
コーヒーと肝癌の因果関係




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたが好きな歴史上の人物は。
そのゆかりの地を巡るのもいいものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by habo at 15:51| ▼コラム(思いの外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。