時代物や歴史小説でお馴染みの歴史上の人物や著名人の「ゆかりの地」を訪ねる旅。そのガイドブック的サイトとして・・・。


◆「ゆかりの地」・・・「歴史上の人物」」「映画スター」など著名人ゆかりの地の「所在・交通アクセス」を。※「都道府県で選ぶ」ことも出来ます。
◆「ゆかりの食」・・・歴史上の人物や著名人が好んだとされる食べ物を。
◆コラム・・・「思いの外」「旅・美味いモン」「本・心に残る言葉」他

2005年12月26日

源義経ゆかりの地

◆牛若(京都市北区紫竹付近:周辺地図)。牛若丸(源義経)が幼少期を過ごした地の地名。牛若丸誕生の井戸や母親である常盤御前の名残がのこるものも点在している。大徳寺からも近いので、大徳寺を観光のついでに足を伸ばすには丁度良かもしれない。
◆鞍馬寺(京都市左京区鞍馬本町:周辺地図) 叡山電鉄鞍馬線「鞍馬」。叡山電鉄には京阪電車「出町柳」で乗り換え。
参考ホームページ:www.hi-ho.ne.jp/kyoto/yositune.html
◆貴船神社 (京都市左京区鞍馬貴船町:周辺地図)叡山電鉄「貴船口」にて京都バス貴船行に乗り換え「貴船」で下車。
牛若丸が打倒平家の祈願成就のために参詣したと言われている。
貴船神社の公式サイト
◆源義経宿泊の館「白木屋」跡 (滋賀県蒲生郡竜王町大字鏡:
周辺地図
◆五条大橋。弁慶と戦ったことで有名。当時の五条大橋は現在よりもっと北側、今の松原橋のところにあったらしい。周辺地図 京阪電車「五条」より徒歩すぐ。
◆神泉苑 (京都市中京区門前町:周辺地図) 地下鉄東西線「二条城前」徒歩スグ。
義経と静御前が出会った地。
◆宇治川先陣の碑 (京都府宇治市宇治:周辺地図)宇治川の中洲である橘島内に京阪電車宇治線「宇治」徒歩5分 JR奈良線「宇治」徒歩5分宇治川の中洲である橘島内に宇治川の中洲である橘島内に、義経の初陣となった宇治川の戦いの碑「宇治川先陣の碑」が建っている。
◆一の谷合戦古戦場 山陽電車「須磨浦公園」徒歩3分
◆鉄拐山 (兵庫県神戸市須磨区西須磨:周辺地図
「一の谷の合戦・鵯越の逆(坂)落とし」の場所との説がある山。この山の東南斜面であったとする説(一の谷説)が残っています。
◆鵯越 (神戸市北区:周辺地図
「一の谷の合戦・鵯越の逆(坂)落とし」の場所との説がある場。(鵯越説)
◆須磨寺(須磨寺公式サイト
(神戸市須磨区須磨寺町:周辺地図) 山陽電車「須磨寺」徒歩5分
一の谷の合戦後、義経が平敦盛の首を確認した時に腰掛けたと伝えられる「義経腰掛松」があり。
◆八軒家船着場の跡 (大阪市中央区天満橋京町:周辺地図)京阪電車「天満橋」徒歩スグ。駅南側の永田屋昆布本店付近 この付近は古来より、交通の要所であり、「渡辺の津」と呼ばれた。ここから、義経軍150騎が、暴風の中、屋島の平家軍を攻めるため船を出したと言われている。現在、「八軒家船着場の跡」の碑が建っている。 
◆壇ノ浦(源氏・平氏の最後の戦いの場)
赤間神宮の水天門より望むことができます。赤間神宮には、この合戦に敗れ、わずか8歳で関門海峡に入水された安徳天皇が祀られています。(山口県下関市阿弥陀寺町4-1:
周辺地図 自動車:中国道下関ICより火の山方面へ約10分 電車:JR下関駅東口よりバス10分で、バス亭「赤間神宮」からすぐ)
「源平合戦図」や「平家物語 流布本」などの貴重な資料が展示。
◆安宅関(あたかのせき)。安宅ビューテラスに安宅関跡の石碑あり。(石川県小松市安宅町ヨ132:周辺地図  北陸道小松ICより安宅の関方面へ5分)
源頼朝に追われた義経がこの関を通る際、関守の富樫の厳しい尋問にあう。この危機をのりきるため弁慶が主君である義経を叩きつける姿に感動した富樫が通行を許可したとされる。この様子を題材にしたのが歌舞伎の人気演目「勧進帳」

「義経」に関する出版物・映像作品



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたが好きな歴史上の人物は。
そのゆかりの地を巡るのもいいものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by habo at 20:35| ▼ゆかりの地(歴史上の人物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。