時代物や歴史小説でお馴染みの歴史上の人物や著名人の「ゆかりの地」を訪ねる旅。そのガイドブック的サイトとして・・・。


◆「ゆかりの地」・・・「歴史上の人物」」「映画スター」など著名人ゆかりの地の「所在・交通アクセス」を。※「都道府県で選ぶ」ことも出来ます。
◆「ゆかりの食」・・・歴史上の人物や著名人が好んだとされる食べ物を。
◆コラム・・・「思いの外」「旅・美味いモン」「本・心に残る言葉」他

2010年03月03日

桂小五郎(木戸孝允)ゆかりの地

◆長州藩邸 (京都市中京区河原町御池)京阪三条徒歩5分。阪急河原町徒歩15分。
その地には現在は京都ホテルが立っており、桂小五郎の像が立っています。
桂小五郎像 長州藩邸.jpg
◆幾松。桂小五郎が愛人幾松とすんでいたところ。新選組が乗り込んできた際、幾松が気丈な対応をして桂小五郎を匿って逃がした話は有名。京都ホテル木屋町はさんで向い。
幾松.jpg
◆三条大橋の下(現在の二条大橋)。禁門の変(蛤御門の変)で敗走する時期、京都市乞食の姿に身を変え潜伏。
◆兵庫県出石町。(京 脱出後の潜伏先) 現在出石そばや「本家よしむら」の箇所が、潜伏時の住居跡。
◆京都霊山護国神社 <京都市東山区清閑寺霊山町1:周辺地図> ここに木戸孝允(桂小五郎)の墓があります。妻、幾松の墓とならんでいます。他に坂本龍馬、中岡慎太郎、久坂玄瑞なども眠っています。京阪電車「四条」駅より徒歩25分
◆翠紅館跡 <京都市東山区高台寺南門通り>
京都連山護国神社へと向かう「維新の道」の途中にある。
土佐藩の武市半平太、長州藩の井上聞多、久坂玄瑞、桂小五郎、久留米藩の真木和泉ら、各藩の代表者らが、攘夷の具体的方法を検討した世に「翠紅館会議」と呼ばれた会合が行われた場所。すぐそばに高台寺。現在は老舗料亭「京大和


翠紅館.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたが好きな歴史上の人物は。
そのゆかりの地を巡るのもいいものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







posted by habo at 11:18| ▼ゆかりの地(歴史上の人物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。