時代物や歴史小説でお馴染みの歴史上の人物や著名人の「ゆかりの地」を訪ねる旅。そのガイドブック的サイトとして・・・。


◆「ゆかりの地」・・・「歴史上の人物」」「映画スター」など著名人ゆかりの地の「所在・交通アクセス」を。※「都道府県で選ぶ」ことも出来ます。
◆「ゆかりの食」・・・歴史上の人物や著名人が好んだとされる食べ物を。
◆コラム・・・「思いの外」「旅・美味いモン」「本・心に残る言葉」他

2005年08月22日

維新の志士たちの眠る地(京都霊山護国神社)

京都霊山護国神社。坂本龍馬の墓を護っているとして有名だが、龍馬だけでなく、ここには数多くの維新の志士たちが眠っている。中岡慎太郎、桂小五郎(木戸孝允)、蛤御門の変(禁門の変)で散った久坂玄瑞(儀助)、来島又兵衛といった長州藩の志士たち。その護国神社まで歩いてみよう。
京阪電車「四条」駅を下車し、地上に出るとそこは、四条通りと川端通の交差点である。阪急電車「河原町」駅からも徒歩3分ほどとそう離れていない。
その四条川端の交差点に立ち、四条大橋を背にし、南座を右手に見ながらまっすぐ進んでいく。京漬物「西利」を過ぎ、宇治茶の「祇園辻利」を前を通過。土日ならば、その辻利の前で、長い列に出食わすだろう。辻利がやっている喫茶「茶寮都路里」で、「特選都路里パフェ」を食べるために並んでいる観光客たちの列だ。ほどなく四条花見の交差点である。北東角にあぶらとり紙の「よーじや」、南東角に赤い土塀のお茶屋「一力(いちりき)」なので、この交差点はすぐに判る。このまま、まっすぐ進むと八坂神社の正面に突き当たるが、ここは、祇園の雰囲気を味わうために、右に曲がってみよう。花見小路通りだ。歴史的景観地区に指定されており、情緒ある風景に「京都に来たなあ。」という実感がわいてくるだろう。
3,4分歩くと花見小路通りは、日本最古の禅寺「建仁寺」の北門に突き当たる。京都に訪れたときの見どころの一つだ。この建仁寺北門の前で道が左に折れているので、道なりに左に折れて進むことにする。途中、安井金毘羅宮への入り口につながる小道があったりするが、信号のある箇所までくれば、ここは東大路通りだ。東大路通りは南北に走っている。この東大路通りの交差点から右に進路をとり、一つめの信号のある交差点にくれば、左を見てみよう。石造りの大きな鳥居が目印だ。この鳥居をくぐり坂を登って歩いていくと突き当たりが冒頭の京都霊山護国神社だ。護国神社に辿りつくまでにも、高台寺円徳院と言った豊臣秀吉や妻「ねね(北政所)」といったゆかりの地がある。この辺りはちょっと進路を変えるだけで、八坂の塔も清水寺もすぐのところである。そのため、観光客が気楽に立ち寄れるお店も多く、客待ちの人力車なども数台列を作って待機している。格好のデートコースでもあるためか、歴史ファンやウォーキング愛好家達だけでなく、若いカップルが非常に多い。


人力ヤ.jpg
話がそれてしまった。元に戻って護国神社を目指そう。高台寺を過ぎたぐらいから、その道は「維新の道」と呼んでいるようだ。その道、右側に翠紅館跡がある。そこに書かれている京都市による説明文を読んでみる。土佐藩の武市半平太、長州藩の井上聞多、久坂玄瑞、桂小五郎、久留米藩の真木和泉ら、各藩の代表者らが、攘夷の具体的方法を検討した世に「翠紅館会議」と呼ばれた会合が行われた場所であることが解説されていた。もう、そこから2,3分進むと目的地の京都霊山護国神社である。護国神社に入ると、ここに坂本龍馬の墓があるということはすぐに判る。コイン式の改札機に300円を入れて進めばようやく龍馬ら維新の志士たちが眠るお墓があるエリアである。


龍馬 慎太郎.jpg
龍馬の墓はともに暗殺された中岡慎太郎の墓と並んでいる。左側が龍馬、右側が慎太郎だ。お参りされる方も多いのだろう。墓前にはまだ新しいお酒、食べ物がお供えされており、お線香からはゆっくりと煙が立ち上っていた。この龍馬、慎太郎の墓所から振り返ると京都を一望することができる。眼下には八坂の塔。二人はここで静かに眠っているのだろう。
ここから少しあがったところが、長州藩の志士たちの眠る墓所であり、ここに蛤御門の変で散った久坂儀助(久坂玄瑞)、来島又兵衛などの墓があり、そこからまた進むと、桂小五郎(木戸孝允)の墓である。その隣には妻、幾松の墓もあり、小五郎と幾松のロマンスについても触れることができる。


画像小五郎幾松墓所.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたが好きな歴史上の人物は。
そのゆかりの地を巡るのもいいものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by habo at 11:52| ▼ゆかりの地(歴史上の人物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。